2019-05-26

あなたはコーティングでこんな間違いをしていませんか?

ウォータスポットをできるだけ防ぎたいから
撥水コーティングはしない。親水コーティングをしよう。

出来るだけ染みや水垢をつけたくないから
”超撥水” ”強撥水”のコーティングをしよう。

これらすべて間違いです。
水のはじき方を変えても水染みや水垢の問題は解決されません。

水のはじき方で問題が解決されないお話は
以前のコーティング専門店glassのブログに
詳しく書いていますのでご興味のある方はご覧ください。
親水系・疎水系コーティングが謳うメリットのおかしな点

解決する方法は、こまめな洗車と適切なケアをすること。
これが最も有効な方法です。

なぜ、コーティング”だけ”で水染み(水垢)の問題が解決されないのか?

多くの方を悩ませる問題”ウォータスポット”
水垢や水染みなど呼び方は様々ですが
黒い車などに良く見えるわっか状の汚れを一般的には指します。

水染み(水垢)は、車が汚れている状態で水分に濡れて乾くことで
必ず発生します。

ここで雨と言わず”水分”という表現をしているのには理由があります。

水分とは、洗車で使用する水道水、大気中にある水分、雨、露、霧など
車が走行する環境に存在するすべての水分を指します。

車が濡れてから乾くことで必ず発生しますので
発生”させない”ことは不可能です。

だったら私たちができることは1つしかありません。

発生しても”固着する前に” 洗車をしてあげる。

これにつきます。

既に固着してしまった水垢に対処する方法は

物理的な除去とケミカル除去を行うことになりますが
一般的なケアしかされていない方が水垢が気になると
おっしゃる場合のほとんどが”何をやっても取れない水垢”に
なってしまっているのが現状です。

そうなると塗装を研磨。いわゆる手術的な処置をしなければ
問題は解決されません。

物理的な除去方法は、コンパウンド入りワックスやコンパウンドを
スポンジなどで磨く行為をさします。手で磨く。

一見やさしい作業だと思われがちですが実際は違います。
機械で磨くよりも手磨きの方が”均一に磨く”のは難しいです。

水染みはかろうじて取れたけど
”円を描いたような傷がたくさんついてしまった”
そんな状態にもなってしまいます。

加圧方法やコンパウンド量の調整は手作業では限界があり
一般的な方にはあまりお勧めできない作業といえます。

最短での除去をお考えであれば、ケミカル除去ですが
このケミカルは”酸性ケミカル”ですので色々とリスクが
あります。

そもそも酸性ケミカルが使用できない箇所がある。
使えない塗装もある。取れる染み・取れない染みの判断は
経験でしか判断できない。ケミカルのリアクションタイムなどなど。

洗車ケミカルを使用しなれている人でも
使用するにはかなり勇気がいるのではないでしょうか。

ちなみに私たちはこのケミカルを使用しています。
Provide スケール除去剤 No4

覚えておいていただきたいのは、処置が遅れたら
遅れただけリスクの伴う作業が必要だということ。

繰り返しますが
車を本当にキレイに保ちたいのであれば
こまめに洗車をして適切なケアを続けることがもっとも重要です。

その意味では、当社の洗車とガソリンスタンドの洗車を
比べること自体ナンセンスであります。

そもそも、洗車のコンセプトが全くことなるサービスです。

最後に

コーティング”だけ”では、水垢水染みの問題は解決されません。

コーティングは、何をするか?ではなく
どう使うのか?が重要です。

今日も一日よろしくお願い致します。

出張洗車 ワックスウォッシュ 川上 亮平

[関連記事]
宮崎で高品質な出張洗車なら