2019-07-22

白い車に付着する黒い筋状の汚れについて。

白い車に付着する黒くだらーんと垂れたような筋状の汚れ。
 
 
 
黒い車などの濃色車では、白く垂れたように見えます。
 
 
 
両方ともめちゃ気になる汚れです。
なんだか、すごーく車に悪い汚れに見えますが
実際は、放置していたとしても”固着”することは稀です。
 
 
ほとんどの場合、一般的な洗車で落とせてしまいます。
 
 
しかし、塗装状態が悪かったり
洗車をせずに半年~1年くらい放置したり
 

新車購入時など比較的油汚れが出やすい時期などに
油汚れが普通の洗車では落ちない事があります。
 
 
その際は、タオルでゴシゴシしたり
研磨剤を使用して塗装を削ったりすると傷の原因になります。
 
だから、私は専用のケミカルで
優しく除去することをオススメしたいと思います。
 
 
 

 
 
ちなみに、この汚れ。
コーティングでも防ぐ事はできません。
 
 
あくまでも主観でのお話ですが
油汚れに強いと言われている”ガラスコーティング”でも
洗車の仕上げにタオルで何度も拭き上げをしなければ
油汚れは落ちません。(何度も拭き上げると”傷の原因になります
 
 
つまり、コーティングで汚れを落としやすくする。
または、防ぐ事はできません。
 
 
車の細かいパーツに使用されているグリスなどの
油分が無くならない限りは、しつこく付着します。
 
 
また、空気中やゴムなどの石油製品などが
雨で流れてくることで”必ず付着する汚れ”です。
 
 
めちゃめちゃ気になる汚れですが
防げませんので”こまめに落とす”事が
一番の対策になります。
 

 
 
だから、付着しても”楽に落とせる方法”を
知っておくことが重要です。
 
 
油汚れを塗装面にやさしく除去するには
専用のケミカルを使用することをオススメします。
 
 
私が使用しているのは、こちらになります
アブソリュートワックス イメンスクリーナー
 
使用方法は、手のひらサイズのクロスに適量つけて
塗り伸ばしふきあげるだけ。
 
 
 
使用するクロスは、”白色”をオススメします。
その理由は、1パネル事に確実に汚れを除去して
いるのか確認できるのと、汚れの取りこぼしを防ぐためです。
 
 
ちなみに、私が上記のクリーナーを使用している理由は
汚れの量を正確に見れるからです。
 
 
クリーナー自体に茶とか紫とか色が付着していると
汚れの量がどれだけ付いているのか正確にみることができません。
 
 
ちなみに一見キレイに見える車でも
これだけの量の汚れが付着しています。

左側→使用後                右側→使用前

 
 
いつもキレイな状態で維持するには
見える汚れ”だけ”気をつけるのではなく
見えない汚れにも注意することが必要です。
 
 
定期的な洗車とメンテナンスが重要なのは
手遅れな状態になるのを防ぐ事が目的です。
 
 
 
使用方法は、すごく簡単で汚れ落とし効果も高いので
今度は動画で撮影してご覧頂きたいなぁと考えております。
 
 
油脂汚れのクリーナーは、屋外で使用しても安全性が高く
誰でも低リスクで使用できるのでコーティングをしている
方に是非使用して頂きたい筆頭のケミカルです。
 
上記のほかにも
 
プロヴァイド メンテナンスクリーナー
 
 
洗車用品店 ganbass PM-LIGHT(油分除去剤マルチクリーナー)

これらも手軽に使用できて安全性の高いケミカルとして
オススメできます。
 
 
コーティングしたけど普段は水洗い”だけ”
という方は、一回使用するとご自分のお車が以外に
汚れていることにびっくりされますよ!
 
 
繰り返しになりますが
コーティングを施工しても”水洗い”だけでは
残念ながら愛車を本当にキレイな状態に保つ事はできません。
 
 
キレイな状態を継続するには、手をかけて
お手入れをする必要があります。
 
 
出張洗車 ワックスウォッシュ 川上 亮平
 


こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ:

宮崎で高品質な出張洗車なら