2019-07-15

車のキレイは、スケール汚れ対策で決まる。

この5日間。
 
 
スケール汚れと呼ばれる水染み(シミ)について
書かせて頂きました。
 

車の艶が無くなる原因の9割は、スケール汚れ。

車の見た目の9割を決める”スケール汚れ”の除去法とは?(研磨剤編)

車の見た目の9割を決める”スケール汚れ”の除去法とは?(ケミカル除去編)

車のキレイに必須の酸性ケミカルで染みを落とすデメリット。

誰でもできる”スケール除去”メンテナンスのやり方とは?
 
 
 
1つの汚れ”だけ”で
なぜこんなに長いブログを書いたのか?
 
 
それは、こちらのブログをお読みの
みなさまに”スケール汚れ”がいかに
塗装面に悪く、艶を落とし、塗装を劣化させる
汚れなのか。
 
 
それを少しでも知って頂き、その対策を立てること
が車をキレイに保つうえで一番重要な事である。
 
 
 
という重要な事を知ってもらいたいという
想いで書かせて頂きました。
 
 
 
おさらいになりますが
スケール汚れ(水染み)を防ぐ手段はありません。
 
 
 
シミを防ぐとうたうコーティングでも
 

 
 
残念ですが、シミを防ぐ事はできません。
 
 
だから、付着したらどのようにして
落とすのか?
 
 
 
それを知ることが車をキレイに保つうえで
重要な事です。
 
 
 
スケール汚れを簡単に落とすには
酸性ケミカル スケール除去剤
を使用するのが最も確実で効果的です。
 
 
 
酸性ケミカルは、業務用洗剤ですので
使用する際のリスクはありますが現在
塗装面に負担をかけずにスケール汚れを落とす
最も効果的な方法です。
 
 
使用するのにメリット・デメリットがありますので
 
車の見た目の9割を決める”スケール汚れ”の除去法とは?(ケミカル除去編)

車のキレイに必須の酸性ケミカルで染みを落とすデメリット。
 
 
こちらの記事を読んでみて
参考にしてください。
 
 
 
 
今回、どんな製品をどういう風に
使用するなどある意味ノウハウ的な
内容をなぜ公開するのか。
 
 
 
 
いわゆる企業秘密的な内容も公開した
理由は、
 
 
 
 
 
 
 
『自分で車をキレイに保つ事ができるようになってほしいから。』
 
  
  
  
という単純な理由です。
 
 

そんな事をすると頼むお客さんが
減ってしまうかもしれません。
 
 
 
しかし、それでもいいと思っています。
 
 
正直に言うと
当店を頼らず”自分で自分の車を管理できるなら
それが愛車にとって一番ベストである”
 
 
 
と私たちは考えます。
 
 
例えば、体調管理。
これを医者に頼らず自分でベストコンディションを
保つ事ができたらそれが一番いいですよね。
 
 
 
カーケアの世界で言うと
それは、スケール汚れの管理ということになります。
 
 

酸性ケミカルなどを使用するのは、ちょっと・・・。
 
 
研磨剤を使用するのは、傷が入りそうで怖い・・・・。
 
 
 
そんな方に今日からでも実行可能で
簡単なスケール汚れ対策が1つあります。
 
 
 
それは、ワックスをかけることです。
 
 
 
コーティングの上から単にワックスをかける”だけ”
がベストなカーケアの方法である。
 
 
とは言いませんが、水洗い”だけ”行うよりも
何倍もキレイな状態を保つ事ができるようになります。
 
 
 
 
コーティング施工後、本当に水洗いだけで
車をキレイに保つ事ができるのでしょうか?
 
 

 
残念ながらできません。
 
 
 

コーティング施工後は
水洗い洗車だけでキレイになる。といわれたけど
水垢(スケール汚れ)が取れない。どうすればいいの? 
 

 
 
 
そのような問題が全国で起こっています。
 
ヤフー知恵袋より抜粋

コーティング施工後1~2回雨が降っただけで洗車しても落とせない水垢がついてしまっていますがこれは普通でしょうか?
 
 
4ヶ月ほど前にガラスコーティングをした、濃紺の車を所有している者ですが水垢のようなものが酷いです。
 
 
ガラスコーティング施工車の水垢について。

 
 
ガラスコーティング(日産の5years coat)をしたのですが、水洗い洗車をしても水垢が落ちませんでした。むしろひどくなってるような気がします。
 
 
これは一例です。
全国的にコーティングをした後
水垢(スケール汚れ)の問題が後を絶ちません。
 
こちらでご確認頂けると一目瞭然です。
 
 

大切なお車に高いお金をかけて
コーティングをした結果、水垢だらけになった。
 
 
これは、あまりに勿体ない事です。
 
 
そんな状態にならないために
すぐにできることはワックスを
かけること。
 
 
これが最も簡単な対策です。
 
 
スケール汚れ(水垢)をどうとるのか?
を知ることも大事な事ですが
 
 
 
最も大事な事は、スケール汚れ(水垢)を
付きづらい状態で管理する事だといえます。
 
 
その基本は、こまめな洗車。
 
そして、ワックス掛け。
 
 
やることは本当にシンプルです。
 

 
基本の洗車とワックス掛けができたら
次に付着した水垢(スケール汚れ)を
どう取ればいいのか?
 
という風に徐々に学んでいくと良いかと思います。
 
 
自分で試したりするのは面倒!
そんな時間は無い!
 
 
そのような方は、コーテイングを施工した
お店に相談してみると良いでしょう。
 
 
 
相談するお店が無い
相談したくない
 
 
そんな想いをお持ちであれば
当店にご相談ください。
 
お問合せはこちらからお願い致します。
 
 
車をキレイに保つには、スケール汚れ(水垢)に
どう対処するのか?
 
 
車をキレイに保つための
最も重要な課題です。
 
出張洗車 ワックスウォッシュ 川上 亮平

 
 

 


こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ:

宮崎で高品質な出張洗車なら