2019-06-29

とある洗車業者が語る。ウォータスポットが付かない方法について。

タイトルの洗車業者とは、”私ではありません”
youtube上のとある洗車業者さんです。

youtube動画を何気なく見ていたら
ウォータスポットが付かない!?方法という動画
を見つけました。

動画をアップロードしている方は
洗車業者さん。
ちなみに〇年耐久コーティングも一緒に
されている洗車業者兼コーティング業者といった立ち位置の方みたいです。

ちなみに私は、洗車専門でコーティングはしていません。

動画では色々とウォータスポットが付かない方法
について語られていたのですが

ウォータスポットを付けないためには
親水系、疎水系、滑水系コーティングをしましょう。
というご意見を述べておられました。

理由は、撥水性と違って水玉になりづらい
水玉になりづらいからレンズ効果が起きない
だから、ウォータスポットが付かない。

という理屈。

確かに

コーティングの効果がしっかりと保たれており
なおかつ”洗車中”であればおっしゃる通りかもしれません。

しかし、しかし。

何度も申し上げますが
親水でも疎水でも撥水でも滑水系でも
どんなコーティングでも雨に濡れると水滴ができます。

バケツをひっくり返したような雨と表現される
雨でも、基本的には粒状で降りますので
ボディにどうしても水滴が残ります。

キレイな水玉にならないまでも
水滴状でボディに付着します。
だから、ウォータスポットができます。

水が”どういう状態であれ”
ボディに残る=染みができるということ。

ここ、大事なことですので繰り返します。

水の形がどういう状態でも
ボディに残ってしまったら
その状態のまま染みになります。

この理屈だと
雨が降った後は必ずふきあげれば
ウォータスポットが付かない事になります。
実際、そうだと私は思います。できるのであれば。

親水や疎水、撥水などのコーティングは
染みの形状が異なるだけでウォータスポットが
付きます。

もっと言えば、耐久性を持たせるコーティングは
ガラスコーティングである場合が多いので
そういうコーティングをするとむしろウォータスポットが
付きやすくなります。

というのが私の意見です。

ウォータスポットを作りたくないという方が
あの動画をみて、実際に親水、疎水、滑水系コーティングを
やろう!と思うかもしれません。

しかし、思ったような結果になることはないと私は思います。

車をキレイに保つのは、コーティングの性能”だけ”
ではどうすることもできません。。残念ながら。

情報を信じて失敗した方が情報弱者だから
悪かったのでしょうか。

それとも売上を確保するために
多少”誇張”した表現で見込み客に向けた
動画を作った業者が悪いのでしょうか。

残念ですが、誰にも分かりません。

ですが、このブログをご覧頂いているあなたには
コーティングに対する知識。コーティングリテラシーが
少しでも上がるような情報をお届けしたいと思っています。

インターネット上の情報についての大前提

youtube動画やインターネットの情報はほとんど
何かしらの利害が発生しています。
いわゆるバイアスがかかっています。

例えば、先ほどの例であれば
コーティングという高額なバックエンド商品を売るために
親水、疎水、滑水系コーティングをやりましょう!
なぜなら、ウォータスポットができにくいから。

という理屈です。

ビジネスとしてyoutubeを活用するのであれば
そういう主張をするのはうなずけます。

しかし、その情報が正しいのかと
聞かれると・・・どう思いますか?

単純にコーティングを売りたいために
情報を発信しているのではないか?と考えることも
できるのではないでしょうか?

何でもそうだと思いますが
情報の真偽を確かめるにはまずは、情報発信者が
何をしていて、どういうサービスを提供しているのか。

それから、どのような考えてそのサービスを行っているのか。

そこまで調べてから
提供されている情報を活用する・しない。
を決めると良いかと思います。

インターネットやyoutubeでは
車をキレイに保つために系の情報があふれています。

正直、どれが正しい、正しくない情報なのか
分かりづらいです。

私は、プロです。と名乗れば
どういう情報であれば”何か正しいような気がする”
と思ってしまいます。

プロだと本人が言っていたとしても
経歴や主義主張などをよく調べてみることを
オススメ致します。

一番信ぴょう性のある情報とは、一次情報です。

例えば、親水コーティングがウォータスポットが本当に
できにくいのか?を知りたい場合。

親水コーティングをやって
〇年間ウォータスポットが付いていない車両を
実際に見せてもらう。

他には
実際に自分で塗装パネルで実験して
ウォータスポットができない事を確かめる。

など、実際に自分が体験した情報を
一次情報と呼びます。

私の情報は、私が様々なコーティングを
6年以上試した結果をもとに意見を述べています。

手軽に情報が手に入れることができる時代です。
情報の真偽は、どんな発信者なのかをよーく調べてみて
ください。

最後に
”匿名”の情報はすべて信ぴょう性を持ちませんので
全てウソだ。というぐらいでokです。

出張洗車 ワックスウォッシュ 川上 亮平

[関連記事]
宮崎で高品質な出張洗車なら