2019-05-26

洗車キズをつけたくないならコーティングにこだわるよりも・・・。

愛車に洗車キズをできるだけ付けたくないから
皮膜の固いガラスコーティングをしようと思われていませんか?

どんなに高性能で高価なコーティングをしても
洗車キズを防いだりする効果はほとんど期待できません。

洗車キズが付くか、付かないかは
洗車の質で決まります。

洗車の質とは、洗車技術と知識、それから使用するツールで決まります。

その中でも誰でも取り入れやすいものは
有効な洗車ツールを使用することです。

洗車ツールの中でも一番こだわって頂きたいのは”洗車タオル”です。

そもそも、洗車キズが一番入る工程は”拭き上げ”の工程
だと私は思っています。洗う工程ではなく。
だから、大量に泡をかける意味は傷が入ることとは
あまり関係のないお話です。

拭き上げの工程で傷が入る理由としてあげられるのは

拭き方が悪い。

使用している道具が悪い。

ざっくりいうとこの2つです。

拭き方に関しては今回は省略いたします。

使用している道具が悪い。

これを詳しくご説明しますと
使用しているタオルがそもそも固く
それで傷が入ってしまっている。

または、新品の時には柔らかかったけど
古くなってしまいごわごわして傷が入るようになった。

タオルの端やタグなどで傷が入っている。

大体こんな感じかと思います。

多くの方が使用されているタオルのほとんどが
古くなって固くゴワゴワしていると感じています。

洗車タオルって私たちの想像以上に痛むのが早いです。

洗車でよく利用されるマイクロファイバークロス
毛細管現象を利用して洗車の汚れをかきとるわけですが
主にかきとっている汚れは”油汚れ”です。

繊維の中に吸収した油汚れは洗濯では完全に除去されないことから
使用していくと徐々に固くなっていく。これは避けることはできません。

マイクロファイバークロスに柔軟剤を使用しないほうが良いというのは
柔軟剤の成分をみると分かります。

つまり、オススメするのは良いタオルを使用して
こまめに変える。

少しでも硬くなったり、なにか固い付着物が
タオルの繊維に絡まったら塗装面には使用しない。

これを徹底するだけで拭き方は変えなくても
愛車に傷がはいることをだいぶ軽減できます。

私たちの場合
お客様が想像している以上にタオルを頻繁に破棄します。
だから、高価なタオルは使用できません。

それでも
できるだけ品質も良く、コストを抑えた洗車タオルを使用する
ことをこころがけています。
そしてこまめに取り換える。
これが洗車キズを抑えるにはとても有効です。

私たちが洗車やワックスのふき取りなどで
使用しているタオルはこちらです。
カークランドマイクロファイバークロス

使用する際は、タグを切り取って
一度水で濡らして固く絞ってからご使用ください。

お役にたてると幸いです。

出張洗車 ワックスウォッシュ 川上 亮平

[関連記事]
宮崎で高品質な出張洗車なら