2019-06-28

コーティングを維持することが難しい理由。

出張洗車 ワックスウォッシュの川上 亮平です。

私は、元々コーティング屋を7年間、延べ300台以上の車に
様々なコーティングを施工してきた経験から今回はコーティングの効果を
維持することの難しさについて書かせて頂きます。

始めに結論

コーティングの効果を維持することが難しい最大の理由は
コーティング皮膜も汚れるから。です。

コーティングをすれば洗車が楽になり
艶も上がり、傷も入りにくくなり
色褪せも防ぐなどなど。

世の中には様々な効果をうたうコーティングがありますね。

事実、コーティング最大のメリットは
撥水などの長期的な持続効果であると私は考えます。

私たちの扱うワックスと比べても
最新のガラスコーティングは長期的に撥水効果を
持続する傾向があります。

しかし、ガラスコーティングもワックス皮膜と
同様に”汚れる”ことを避けることができません。

問題は、その汚れが”シャンプー洗車”や
”水洗い”だけでは落ちない事です。

水洗いやガソリンスタンドの泡洗車をいくら
繰り返してもコーティング上の汚れはずっと
蓄積していきます。

一般的なコーティングに対して
”汚れないコーティング”と認識されている
かもしれませんが

実際は、ガラスコーティングでも
ポリマーでも、簡易ガラスでも
硬化型、浸透型などなど。

全てのガラスコーティングについて
言えることですが”汚れる事は避けられません”

だから、水洗い洗車とは別のケアが必要なんです。

実際に私たちが洗車をさせて頂く車両のほとんどが
何かしらのガラスコーティングをされているお車が
ほとんどですが

全ての車両に”汚れが蓄積して何かしらのダメージ化”しています。

こちらは、洗車用のクリーニング専用タオルです。

使用前は、真っ白です。

一台丸々クリーニングを行うと・・・。

こんな感じで真っ白なクロスが真っ黒になります。
ちなみに下回りなどは一切拭いていません。
樹脂面は軽くクリーニングしましたが。

ちなみに、クリーニングした車両は、よくコーティングなどを
施工してお手入れしてあった車両です。見た目はとても
キレイに見える車両ですが、実際はこれだけの汚れがたまっていました。

繰り返します。
コーティングを維持することを難しくしているのは
コーティング皮膜が汚れるからです。だから、洗車+αのケアを
行う必要があります。

汚れが蓄積すると、コーティングの撥水や艶、傷の付きにくさ
などの効果が発揮することが難しい状態になります。

コーティング皮膜もこまめにクリーニングすることで
常にコーティングの効果を保ち続けることが可能です。

最後に身も蓋もないお話をします。

車を本当にキレイに保つためには
コーティングをしていても、していなくても
塗装面およびコーティング面のこまめなクリーニングが
必要です。

コーティングをすることで
水を弾いて洗車効率が上がるなど
メリットはありますが、お手入れを省く効果は
残念ながらありません。

1万のコーティングでも5万でも30万でも
変わりません。

常に塗装面及びコーティング面をクリーンな状態に
保つ事が愛車の美観、コーティング共に無駄にしないためには
重要です。

クリーニングとは、具体的にどのような事をするのか?
車には大きく分けて2種類の汚れしか付きません。

そんな話を次回はさせて頂きたいと思います。

出張洗車 ワックスウォッシュ 川上 亮平


こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ:

宮崎で高品質な出張洗車なら