2019-05-29

コーティングが塗装保護できない理由。

コーティングは、塗装保護ができない。

そう思うようになってから私はコーティングの施工を辞めました。

コーティング。特にガラスコーティングに言えることですが

ある汚れが付着すると”コーティングをした意味が
無くなってしまう”現象がおきます。

ある汚れとは・・・。

水染みです。(この写真のお車はコーティングしてから10カ月でこの状態)

イオンデポジット、ウォータスポット、水垢、水染み、スケール、シリカスケール。

呼び方は色々とあるようですね。厳密には違うみたいですが。

コーティング施工後、この汚れを一度でも付着させてしまうと

オーナーさん自身ではどうすることもできない。
これがガラスコーティング最大の弱点です。

くわえて、この水染み汚れ”水洗い洗車”では落ちません。
コンパウンドで落とすか
酸性の薬品を使用して落とさないといけません。

”楽してキレイを維持するため”にコーティングをされた方が
コーティング施工後に、使用するのにリスクのある
酸性の薬品をどれくらいの方が
使用されているのでしょうか。

おそらくほとんどいないのではないでしょうか。

なんか、こすれば取れそうな気もしますが
取れないんです。

この状態になってから多くの方が使用するのは
コンパウンド入りワックスなどですが

そうすると・・・どうなると思いますか?

染みもコーティングも一緒に落ちちゃいます。

楽してキレイに保つためにやった高価なコーティングが
気になる染みを落としたいだけに
使用したコンパウンド入りワックスで
簡単に落ちてしまいます。

また、酸性のケミカルを使用して除去すれば
いいんじゃない。と思われる方もいるかと
思いますが。

酸性のケミカルもガラスコーティングを
除去してしまいます。

結局、何をしても水染みを落とす=コーティングも
落ちる。このジレンマに悩まなければなりません。

これは、あまりにも悲しすぎるお話です。
でも、実際多くの方がこのような状態で悩まれているのでは
ないでしょうか。

水染み汚れは防ぐ事はできません。
放置しておくと”どんどん深刻化”する汚れです。

最終的には、塗装が凹む。いわゆるクレーターダメージ
になってしまいます。そうなると塗装を紙やすりで削り
そのうえ塗膜を研磨しないとまともにキレイになりません。

また、塗装面の荒れる原因になります。
塗装面がくすんで色つやを急激に低下させます。

そうなると磨いてキレイにしたあの状態には
二度と戻りません。

もう一度、高額なコーティングの費用を払って
キレイにしてもらわないといけません。

そもそも
コーティングとは、もともと洗車を頻繁にする方が
そのお手入れを”もっと楽に”できるような
サービスです。

洗車を週に1回は必ずする方が、そのお手入れを
より楽にするためにコーティングをする。

それがもっとも理想的なコーティングの採用理由です。

コーティングの値段が、5万でも10万でも20万でも
変わりません。

え!?

そんなの全然楽になってないじゃん。
そう思われますか?

私もそう感じます。

だから、出張洗車サービスを始めたのです。
車を大切にされる方が本当に”楽に”キレイを保つためには
定期的に洗車をして適切なケアをする。

これが最も重要なのです。

定期的に洗車はできても
適切なケアまでできる方は
多くはありません。

ただの洗車だけではなく
適切なケアまで含んだ洗車サービスが
当店の出張洗車サービスです。

だから、車のキレイを保つ事が可能なのです。

ご興味のあります方はお気軽にご連絡ください。

出張洗車 ワックスウォッシュ 川上 亮平

[関連記事]
宮崎で高品質な出張洗車なら